【なた豆】農業体験にいってきた【鹿児島が誇る特産品】

鹿児島県の特産品と聞くとなにを思い浮かべますか?さつまいも、焼酎、薩摩切子、いろいろとありますが、今回は鹿児島県姶良市を中心に多く作られている「なた豆」という農産物をご紹介いたします!(*´∀`*)

なた豆といえば、歯周病蓄膿症に対しての効果が期待されている注目の自然食材。小売店でいろいろな加工製品を見かけることもあります。でも「なた豆」そのものを見たことがある人は少ないのではないでしょうか?

これが「なた豆」だ!

f:id:kumakago:20170412151706j:plain

左は、アカナタマメの真っ赤な豆(種子)。約3センチほどの大きさです。右は、アカナタマメのサヤ。40〜60センチほどの長さ。夏頃には緑のサヤですが、十分に乾燥すると写真のような茶色になるそうです。

漢字では刀豆と書くのはおそらくサヤのかたちが刃物のような形をしているからでしょうか。西日本では腰につけた刀を意味する「刀佩(たちはき)」「帯刀(たてわき)」と呼ばれ、さらに鹿児島では「たてわき」から転じて「たっばけ」と呼ばれることがあったそうです。

個人的には「なた豆」という表現が可愛らしく感じるので、本記事では「なた豆」と書いていきます♪

なた豆のふるさと薩摩半島

鹿児島で最初になた豆が盛んに作られるようになったのは、なんと鹿児島市吉田地区。鹿児島中央駅から車で15分ちょっとの市街地が、なた豆のふるさとであったとはオドロキです!

なた豆は、中国からサツマイモなどと同様に1605年ごろ日本に伝来したと言われています。勢い良くグングン成長することからとても縁起のよいものとして、あの島津義弘篤姫も大切に扱っていたそうです。

現代では種子(豆)を生薬やお茶として使うことが多いなた豆ですが、緑色のまだ柔らかいサヤを細切りにして味噌漬けにしても美味しいとのこと!鹿児島では江戸時代からお茶請けとして愛されている郷土フードで島津義弘篤姫も食べていたのかも?無事に収穫できたら作ってみたい!

いよいよ種植えの体験へ

 

f:id:kumakago:20170412161530j:plain

場所は、鹿児島市内から車で30分(高速利用)姶良市蒲生町。県道の脇にある、こちらの畑が、今回わたしがなた豆の栽培体験をさせていただく畑です。

f:id:kumakago:20170409204857j:plain

今回こちらの野元幸雄さん(薩摩なた豆生産者の会)とのご縁あって、畑をすこしお借りして、なた豆の栽培方法について勉強させていただけるのです。野元さん、ありがとうございます!

f:id:kumakago:20170412161008j:plain

もうウネも黒ビニールシートも出来上がっている状態。慣れた手つきで、植える場所を指示していく野元さん。肥料のはいったふわふわの土をセッティング。いよいよ植え付け。

f:id:kumakago:20170412161015j:plain

こちらが、わたしの植えるなた豆ちゃん。3センチくらい、ぷっくりと大きく、ずっしりとしています。この黒い筋の部分が発芽するところだそうで、指で3センチほどの深さの穴をほり、黒い筋が下になるように気をつけながら植えていきます。

f:id:kumakago:20170412161028j:plain

このあと、見えなくなる程度に上から土をかぶせて種植え終了。1つあたり30秒ほどですぐ終わります(^^)

4月上旬に植え付けをし、約2週間でふたばに、7月頃にが咲き、そのころには私達よりもずっと大きく3メートルほどの高さまでツルがのびるそうです。(それより高く延びてしまうと危険なので、通常3メートルほどで切りそろえる)

これから、このなた豆ちゃんの生育についても引き続き紹介していこうと思います!

おまけ

f:id:kumakago:20170412170441j:plain

おみやげとして、なた豆元気茶となた豆歯磨きを頂いたので後日使用レポします♪

関連記事

kumakago.hatenablog.com

謝辞

本記事の執筆にあたり、なた豆の歴史や製造方法などについて薩摩なた豆生産者の会様、なた豆加工品を製造されているヨシトメ産業様にご教示いただきました。鹿児島が誇る素晴らしい特産品「なた豆」について学ぶ機会をいただき、心から感謝いたします。

 

【姶良市蒲生町】くまこの観光おすすめスポット【ドライブにおすすめのパワースポット】

鹿児島市内から車で約30分(高速利用)で気軽にいける超パワースポット!蒲生町

 

蒲生(かもう)町と読みます。

 

地元の人じゃないとなかなか一見して読めない難読漢字。知ってるだけでちょっとイイ顔できちゃう。そんな蒲生町のオススメスポットを紹介します。

(その1)蒲生観光交流センター

f:id:kumakago:20170412163059j:plain

蒲生郷観光マップや歴史年表、各種パンフレットがあります。さらに蒲生のおみやげ品や名産品などを買うことができます。駐車場やトイレなどもゆったりしていて、休憩や待ち合わせにぴったりです。

営業時間 : 9:00〜17:00
電話番号 : 0995-52-0748
定休日 : なし(年中無休)

(その2)蒲生の大クス(蒲生八幡神社

f:id:kumakago:20170412163051j:plain

姶良市立蒲生小学校のすぐ脇にある蒲生八幡神社の鳥居。車でくぐり抜けていくことも可能。駐車場は、鳥居を抜けて右奥。小学校のすぐ校舎裏に5台分ほどあります。ここが満車なら、蒲生観光交流センターに止めて歩いて参拝してもいいですね。 

f:id:kumakago:20170412162537j:plain

蒲生八幡神社のご神木である「蒲生の大クス」は幹の太さが日本で一番太い木として国の特別天然記念物に指定されています。携帯のカメラでは収まりきらないほどの大迫力!さらに幹の中には巨大な空洞がありタタミ8畳ほどの広さだそう。完全に、トトロの世界。現在は、保存のため中に入ることは出来ません(写真のような柵がつけられています)

樹齢1500年といわれる大木は、携帯のカメラではとても収まりきらない大迫力。とにかくその壮観な佇まいには、ものすごいエネルギーがあり、パワースポットとして人気というのも納得です。

電話番号 : 0995-52-9029(蒲生八幡神社
定休日 : なし

(その3)蒲生ふるさと交流館(板橋一歩展示室)

f:id:kumakago:20170412172139j:plain

先述の蒲生八幡神社駐車場の奥に、なにやら看板があります。看板の矢印に従って階段をのぼっていくとそこには、小さな社があり、その奥にあるのが、蒲生ふるさと交流館です。

f:id:kumakago:20170412162601j:plain

右奥に社とかなり対照的な、スタイリッシュな平屋の建物。

f:id:kumakago:20170412172404j:plain

蒲生ふるさと交流館は、入場無料。どなたでも入場できます。入り口で靴を脱いでくださいね。「交流室」「展示室」「資料室」「廊下ギャラリー」などがあり、資料室では鹿児島に伝わる農機具など歴史的にとても貴重な資料が展示されています。

また、ここでは蒲生郷を再発見し、楽しむためのイベント「カモコレ」についての情報をゲットできますよ。蒲生でしか味わえない体験型のイベントをこのふるさと交流館や、公民館、職人さんの工房などで実施しています。

詳しくは「カモコレ」公式サイトで講座情報をチェック!

kamo-go.net

建物の奥に進むと、蒲生町出身の彫刻家・板橋一歩さんの作品が常設展示されています。ここもなんと入場無料、写真撮影OKなのです!

あと、自家焙煎の美味しいコーヒーを、かわいいテーブルでいただけます。

f:id:kumakago:20170412172430j:plain

 

蒲生ふるさと交流館(蒲生八幡神社すぐ隣)
電話番号 : 0995-52-0115
営業時間 : 9:00〜17:00
定休日 : なし(年末年始は休館)

【看板わんこがかわいすぎる】霧島市のカフェ「天使のつまみぐい」に行ってきた

霧島市にあるカフェ「天使のつまみぐい」というカフェにいってきました。関平鉱泉をすぎて左に入って、ぐいぐい上っていきます。初めての訪問でしたので、イヤハヤこの道であってるのか…?と心配になります(^^;)

f:id:kumakago:20170409185911j:plain

かわいいらしい内装です♪

f:id:kumakago:20170409184916j:plain

この日は、小雨が降っていてすこし肌寒い日でしたので、窓際の席でケーキセットをいただきました。 写真の奥にあるテラスの席は、霧島の自然をぞんぶんに楽しめそうです。天気が良い日はほんとに気持ちいいだろうなあ〜。

f:id:kumakago:20170409184951j:plain

看板わんこの「ハク」くんです。ゴージャスな毛並みに、かわいらしい目、パンが大好きで人懐っこい、とにかくかわいいわんこでした!

 

【お店情報】

天使のつまみぐい
〒899-6603
鹿児島県霧島市牧園町高千穂3917-651
0995-78-8045

 

【MBC招待試写会】LA LA LANDみてきた

映画試写会いったことありますか?LA LA LANDのMBC招待試写会に当選しましたーーー!やったー!MBCさんありがとうございます!

人生2回目の映画試写会です。MBCさんの試写会に当選したのは初めてです。

こちらが当選ハガキ

f:id:kumakago:20170409195238j:plain

ポストにこんなハガキが届きました。ペア招待券ではなく本状1枚で1名様限り有効とのことで相方や職場の同期にさんざん見せびらかしてから(笑)一人で会場入りしました。

17:30会場到着(受付開始30分前)

会場は、鹿児島中央駅直結の駅ビル・アミュプラザ鹿児島6Fの映画館「鹿児島ミッテ10」さんです!

f:id:kumakago:20170409195301j:plain

入り口に掲げてある「MBC招待試写会」の看板に胸が高鳴ります!鹿児島ミッテ10のカウンター前に30分前に到着し、すこし早かったかな・・・と思いきやすでに4〜5名並んでいます!早くきてよかった!

18:00受付端末でチェックイン

まずは係員さんが1人1人当選ハガキを確認(ここで回収されてしまいました)。順番に受付端末へと通されます。ここで通常のチケット購入時と同じように座席を指定します。

f:id:kumakago:20170409200913j:plain

ど真ん中の良席をゲットしましたよ!

さて、上映は19:00スタートですので、このチケットを持って5F/6Fのレストラン街に軽食を取りに行きました!アミュプラザ鹿児島では映画のチケット(半券でも可)を提示するとワンドリンクサービスや割引などの特典が受けられる飲食店があるのですが、試写会のチケットでも同様にその特典を利用することができましたヨ!(ただし、今回の試写会では駐車場のサービスはありませんでした)

f:id:kumakago:20170409200929j:plain

上映開始の5分ほど前に座席についたのですが、くまこのゲットした席の周りは、同じように上映1時間前から並んでいる方ばかりですから、着席するのが早いわけです!!!座席までたどり着くのが大変でした!(汗)次の機会があればもうすこし早く着席しようと思います(ゴメンナサ〜イ)

上映前には、MBCのアナウンサーさんが登場。協賛の川商ハウスさんの告知をされていました。スポンサー様がいなければこうして無料で映画を楽しむこともできませんからね♪「川商ハウスさんでお部屋を借りると引っ越し焼肉キャンペーン」実施中とのことです♪焼肉なべしまと川商ハウスのコラボCM、あの替え歌はかなりキャッチーですよね…すっかり覚えてしまいました(^^)v

映画の感想は?

”この映画はオススメです”と言ってしまうとその映画に対する期待値があがってしまうので言わないようにしているのですが、この映画はオススメです!思っていた以上にピアノやジャズ・セッションの演出がすばらしく、映画館での鑑賞をおすすめしたいと思える作品でした。恋したーい!ドレスアップしてジャズバーを楽しみたい!って気持ちになりますよ。

SHIROYAMAカード 会員Dayにいってきた

天文館を眼下に見渡す高台・城山にある超有名ホテル、その名も「城山観光ホテル」

 

城山観光ホテルのポイントカードシステム「SIROYAMAカード」というのがありまして、城山観光ホテルでの宿泊やレストランでの飲食でポイントが溜まるので、結婚式のついでに作ってからというものちょくちょく利用しちょります。

 

SHIROYAMAカード 会員Day 毎週水曜日開催中!
http://www.shiroyama-g.co.jp/card/information/member_day.html

 

そんな「SHIROYAMAカード」の最たるオススメな使い方が、毎週水曜日の会員Day。レストラン利用が10%off、さらにポイント3倍!ちょっとした集まりや、ママ会など平日でも開催できるものは、水曜日を狙って企画するのです(^^)v

 

先日は、城山観光ホテルの最上階10Fにあるトップグリルスカイラウンジでランチしてきましたヨ。かわいいプティデセールのワゴンが運ばれてくると女性陣は大歓喜

f:id:kumakago:20170409181612j:plain

 フランボワーズ・ピスタチオのマカロンと、和栗のタルトをチョイスしてみました。その場で取り分けてくれるのかと思いきや、「かしこまりました」と言うとデセールワゴンと共にホテルの方はいなくなってしまい…数分後、こんなに可愛い盛り付けをしてもってきてくださいました♪テンションがあがります(^^)v

f:id:kumakago:20170409181629j:plain

 肝心のお料理は、おしゃべりに夢中で写真を撮り忘れて、すっかりくまこの胃袋の中です(汗)これからブログのためにちゃんと写真やメモをとるようにしよう(汗)

☆ブログ開設☆

鹿児島のいいところとか、生活する上でちょっとしたヒントみたいなものを書き留めておくブログを解説してみました。いつかどこかのだれかのお役に立ちますように。

 

f:id:kumakago:20170409182656j:plain